ほうれい線ケア

MENU

ほうれい線が出来る原因とは?

ほうれい線とりクリーム 画像

見た目の印象を変えてしまうほうれい線。
小鼻の横から口の端まで伸びる「八の字」のしわで、
30代半ば頃から悩みになる場合が多いようです。

 

小じわ、シミはメイクで隠すことが比較的簡単ですが、
ほうれい線は年を重ねるごとに悪化していくため
一度できるとあきらめる方も多いそうな。

 

しかし、放っておいてはさらに悪化していってしまうだけ。
放置して改善されることもありませんし、できてしまったとしても
少しでも目立たない様にするために対策をしましょう。

 

まずは何故ほうれい線ができるのか、その原因について知ることで
対策に役立てていきます。

 

乾燥によるしわ

 

肌が乾燥しているとしわができやすくなります。
ほうれい線ももちろんしわの一つですから、肌の乾燥がひどい状態にあると
弾力やハリが損なわれ、外部からの刺激をまともに受けてしまい
しわができたり、深くなってしまうなど目立つ様になってしまうでしょう。

 

ほうれい線ができる要素があったとしても肌がうるおい弾力があれば
見た目の若々しさにはかなりの違いが出るので、保湿は念入りに
行うことがとても大切です。

 

皮膚がたるむ

ほうれい線とりクリーム 画像

 

加齢とともに皮膚のハリを支えるコラーゲン、エラスチンは減少してしまい
肌に弾力やハリが少なくなってきます。

 

口元はたるみやすい部分なので、特に注意が必要な場所なのです。

 

加齢により減るコラーゲン、エラスチンは紫外線によっても破壊されて
しまうものなので、エイジングケアが必要な歳でなくても注意しなければ
若いうちからしわに悩まされることも。

 

リンパ、血行の悪さ

 

肩こりは意外にもほうれい線と関わりがあると言われています。

 

肩が張っている状態はリンパや血液の流れが悪い状態ですから、
顔、頭にリンパや血液が滞ることでむくみが発生し、ほうれい線が
目立ちやすい状態になるのです。

 

顔の筋肉が弱まっている

 

皮膚が垂れる原因には表情筋やフェイスラインの筋力の衰えがあります。
顔の肉を支えることができなくなりたるむ事で、ほうれい線ができてしまうのです。

 

そのほかの原因

 

若いうちからもほうれい線ができてしまう可能性は十分にあります。
10代、20代から悩んでいる人も実はいるんです。

 

そのような場合は、歯並び、表情の癖、顔の骨格など生まれつきのものが
原因となっているので改善は難しいでしょう。

 

また、肌をたるませる原因として急激なダイエットもあります。
無理なダイエットを行ったり、脂肪吸引を行うとほうれい線ができたり、
老けた印象になってしまうのでダイエットは無理のない程度にしましょう。

 

ほうれい線を予防、改善するためにはこれらの原因についてもよく
熟知しておくことが大切です。

 

原因を作らない様に対策していく事で予防につながりますし、
トラブルを改善させるには何処を直せば良いのかわかりましたよね。

 

これらを参考にしてほうれい線ができない様に、または改善できる様に
十分な対策をとっていきましょう!
見た目年齢を左右するしわですから徹底してケアし、若々しさを
保ち続けていきませんか?

 

関連ページ

ほうれい線を作らないためには?
ほうれい線は出来ないに越したことはありませんよね。作らないために効果的な予防法についてご紹介しています。
ほうれい線を改善する方法とは?
出来ないに越したことはないほうれい線ですが、どうしても出来てしまうものです。それでは、既に出来てしまったほうれい線を消すことはムリなのでしょうか?ほうれい線の改善法について検証してみました。
ほうれい線を改善する効果のあるコスメとは?
ほうれい線を予防、改善できる化粧品は色々なものがあります。その中でも特にほうれい線対策に効果的な化粧品には、どんなものがあるのでしょうか?